院長ご挨拶


山本議仁

院長の山本議仁(のりひと)です。当院のホームページをご覧くださいましてありがとうございます。私はこれまで、主に県下病院で泌尿器科医として勤務してきました。

前立腺がんや前立腺肥大症をはじめとする男性疾患、女性に多い膀胱炎や尿失禁、また小児の夜尿症や先天性疾患などの診療を行ってきました。またこの間、在宅医療や緩和医療にも携わり多くの患者様に接してきました。

この度は、みなさまの身近な立場で健康をサポートする、家庭医療(プライマリケア)を目指すべく、木太町で開業させていただくことになりました。 泌尿器科疾患は専門性を持って、また地域の家庭医として、みなさまのお役に立ちたいと考えております。 どうぞよろしくお願いいたします。

令和元年6月3日 院長

山本議仁

略歴
香川医科大学(現香川大学医学部)卒業
同大大学院修了
同大泌尿器科 助手
水島協同病院泌尿器科 医長
香川県済生会病院泌尿器科 医長
内海病院泌尿器科 医長
坂出市立病院泌尿器科 部長

資格
医学博士
日本泌尿器科学会認定専門医・指導医

主な所属学会
日本泌尿器科学会
日本泌尿器内視鏡学会
日本癌治療学会
日本泌尿器腫瘍放射線学会
日本緩和医療学会
日本抗加齢医学会

2020年1月28日

クリニックを開設して7か月が経ちました。慣れないことばかりでスタッフはもちろん、諸先輩や患者様にも助けられてのあっという間の時間でした。
これからも皆さまに心のこもった医療、安心の医療を提供できるよう日々努力をしてまいります。
ホームのお知らせにも書きましたが、本日新型コロナウィルスの国内での日本人への感染が明らかになりました。今後国内での発症者は増えることが予想されます。様々な情報が錯そうする中で少なくとも分かっていることは、死亡例は抵抗力や免疫力が低下するような基礎疾患を抱えているかたや高齢者に多い一方で、子どもは重症化しにくいということです。高松市内ではインフルエンザ、胃腸炎や溶連菌感染症も流行中です。マスク着用と手洗い、うがいを徹底することが重要です。ひとりひとりの注意で学校・職場や家庭内での感染を防ぎましょう。
ところで、当ホームページは私が一人で作成管理しています。何分素人なので閲覧しにくいところもあるでしょうが、ご容赦ください。お問い合わせや受診時にひと言ホームページを見たと言ってくだされば励みになります(笑)

2020年6月3日

早いもので当クリニックを開院してちょうど1年を迎えました。1年前の朝も本日と同様の晴天でした。
天気とは裏腹に、クリニックは決して順調とは言えない滑り出しでしたが、それでも地域の皆さまに少しずつ知っていただくことによって、おかげ様で1周年の日を迎えることができました。
これもひとえに高松市医師会、香川大学をはじめとする近隣病院の諸先生方のご指導とご支援の賜物であり、篤く御礼を申し上げます。
また、開院以来ご支援をいただいている取引企業各社様には日ごろより多大なご厚情を賜り、誠にありがとうございます。そして何よりも、開院当初からクリニックと私を支えてくれたスタッフと家族に最大級の感謝の意を表します。
この1年を振り返ると、診療を始めてすぐに勤務医時代とは違った感覚を肌で感じました。それは生活習慣病と泌尿器疾患の関連がより身近になり、患者さんひとりひとりの「健康であること」がいかに重要であるかを再認識したことです。
そしてもうひとつは、訪問診療において患者さんの「思い」の大切さを身に染みて感じたことです。このふたつの気づきを私の開業1年目初心として、これからも忘れることなく日々の診療に従事して参ります。
世の中は新型コロナウィルスの影響が深刻化し、今後の見通しが不確実で不安な状況ではありますが、最新の医学的知見と工夫を持って、少しでも地域の皆さまの支えになれるようなクリニックを目指します。
どうぞこれからもよろしくお願い致します。


2021年1月4日

各地で新型コロナウィルスが猛威を振るう中で、皆さまはどのように新年を迎えられましたでしょうか。
首都圏では緊急事態宣言が発出されるとの情報が流れる中で、早ければワクチン接種が2月下旬から順次開始されるべく、各方面が準備調整に入っています。体制が整い次第、国や各自治体からアナウンスがあるかと思います。しかし、ワクチンの日本人への効果の程度や長期における副作用等の情報が少ないことが、一般の方はもちろん、医療従事者も不安視する向きがあることも事実です。
新型コロナウィルスは接触、飛沫感染のどちらでも容易に感染し得ます。多くは軽症の風邪症状で収まりますが、年齢や基礎疾患の有無によっては重症化するのも事実です。中でもサイトカインストームと呼ばれる状態に陥ると数時間のうちに死に至ることも分かっています。そして、この急激な重症化の過程において一般の肺炎と全く違うところは、新型コロナウィルス感染症では呼吸困難感が全く伴わない(熱や倦怠感はある)ことです。重症化の過程で突然意識消失が起こるのは、このせいであると考えられています。一刻も早くこのウィルスの病態が明らかになり、有効な治療薬の完成と治療方法が確立されることを祈るばかりです。
私たちはこのような状況下でも、地域の皆さまに対して安全な医療が提供できるよう、微力ながらもより一層努力して参ります。本年もどうぞよろしくお願い致します。

2021年6月3日

当院は開院2周年を迎えました。これもひとえに地域の皆さまと日頃の診療を支えてくれているすべての方々のおかげです。厚く御礼申し上げます。
私たちの日常は2年前とは大きく変わり、未だに以前の生活に戻れない状況が続いています。ワクチン接種も始まりましたがやっと端緒に就いたばかりであり、私たちはこれからも手指消毒とうがい、不織布マスクの着用を怠らずに、感染を広げない行動と工夫が求められます。もしオリンピックが開催されれば、残念ながらその後の感染増加や新たな変異株出現の可能性が高まることは自明です。そして私たちが以前に近い日常生活を取り戻すには、ワクチン接種が進んでいる他の世界の国よりも一層時間がかかることでしょう。
当院も4月下旬から高齢者施設入居者様から順次ワクチン接種を進めています。それに続き医療従事者と地域の皆さまへの接種も進めています。しかし、たくさんのご予約のお問合せを頂戴していますが、何分小さなクリニックなので待合スペースが狭く、数多くのご予約ができないことを大変申し訳なく思っております。
しかし、これからも少しでも皆さまのお役に立てるよう一層努力して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。



やまもと中央クリニック
〒760-0080
高松市木太町5077-2
tel (087) 802-7500
fax (087) 802-7502
y.chuoclinic@outlook.jp